芹澤廣明(チェッカーズ生みの親)と藤井フミヤの確執の原因?金銭問題が気になる!

男性タレント

芹澤廣明(チェッカーズ生みの親)と藤井フミヤの確執の原因?金銭問題が気になる!

藤井フミヤさんが幻のデビュー曲、「ギザギザハートの子守唄」を披露し、話題になりましたね。

なんと、29年ぶりとのこと。

歌わなかった理由は、プロデューサーの芹澤廣明さんとの確執があったのです。

芹澤廣明さんと藤井フミヤさんの確執の原因は何だったのか?

噂の金銭問題と合わせて、調べてみましょう!

芹澤廣明と藤井フミヤの確執の原因

金銭問題とされています。

やはり同じグループ内や関係者との間で付いてくるのが、お金に関する問題ですよね。

お金は大事ですので、少しでも多くほしいというのは正直なところ。

人気メンバーや作詞作曲を担当していて、グループに貢献していると思えば多く欲しいと思いますよね。

それなのに、もしメンバー間でギャラが同じでしたら、納得いかない気持ちもわかります。

人気バンドのXJAPANは、作詞作曲を担当しているリーダーのYOSHIKIさんが、メンバーの2倍のギャラをもらっていると言われていました。

そこにはメンバーがYOSHIKIさんの才能を認め、当然の結果だと思えたので納得できたのでしょう。

確執の原因の大くはお金か人間関係になってきます。

芹澤廣明さんと藤井フミヤさんが絶縁したのが、金銭問題だったとしてもしょうがないのかなとは思いますよね。

芹澤廣明と藤井フミヤの金銭問題とは?

藤井フミヤさんが自分たちのオリジナル曲を全面に出すようになったのです。

芹澤廣明さんは金銭問題に対し、このように発言しています。

芹澤廣明

フミヤは金のために、オリジナル曲を発売するようになった

プロデュースをしていた芹澤廣明さんとしては、納得いかないですよね。

藤井フミヤさんが自分たちのオリジナル曲を発売するようになったのは、印税のためだとも言われています。

確かに作詞作曲を芹澤廣明さんに依頼していたら、売上は歌唱印税のみとなってしまいます。

それでしたら、自分たちの曲を発売した方が作詞・作曲の印税も入ってきますからね。

お金のことだけを考えたら、自分たちのオリジナル曲を売りたいところなのです。

しかし、チェッカーズのファンのとしては、芹澤廣明さんが作った初期の頃の曲が好きという方も多いと思います。

確執が原因で歌えなくなると、ファンとしては寂しいものですからね。

 

芹澤廣明と藤井フミヤに対する世間の反応

確執の噂がずっとあったので、対談は嬉しいですよね。

まとめ

チェッカーズ生みの親の芹澤廣明さんと藤井フミヤさんの確執の原因、金銭問題をまとめています。

人気グループのメンバーや関係者の間には、金銭問題が出てきますからね。

和解したということなので、藤井フミヤさんがまたチェッカーズの曲を歌ってくれる日を楽しみにしていましょう!

関連記事

-男性タレント
-

© 2021 あそびばでしゃべろう Powered by AFFINGER5