大村秀章(愛知県知事)のリコール署名偽造を指示した犯人は誰?佐賀で行われた理由!

お役立ち情報

大村秀章(愛知県知事)のリコール署名偽造を指示した犯人は誰?佐賀で行われた理由!

愛知県知事の大村秀章さんに対して行われた、リコール(解職請求)運動で不正な署名が見つかったと問題になっていますね。

43万5000人分の書類が押収され、署名の全体の8割が不正だったとされています。

このリコール署名偽造を指示した、犯人は誰なのでしょう。

佐賀で行われた理由も調べてみましょう!

大村秀章のリコール署名偽造とは?

愛知県知事の大村秀章さんに対し、解職を求めた署名活動なのです。

集めた署名の中には、筆跡や指印が酷似など同じ人物が複数の署名をして、指印を押したと言われています。

署名簿を入手したところ、書いていない人や既に亡くなられている人の署名があったそうなのです。

その後も「勝手に名前が使われた」などの情報が寄せらています。

集まった書類43万5000人分の8割が不正だったとされているので驚きですよね。

この偽装の署名を集めた人物、なぜ偽造署名の作成は佐賀で行われていたのでしょうか。

リコール署名偽造の犯人は誰なの

高須クリニックの高須克弥さんとも言われています。

愛知県知事の大村秀章さんに対して行われた、リコール(解職請求)運動は、高須クリニックの高須克弥さんが始めたとされています。

署名活動のトップですからね、そうなると高須克弥さんが疑われるのも無理はありません。

犯人として疑われた高須克弥さんは、このように答えています。

高須克弥

僕が全ての責任者だ。早く戦犯として僕を捕まえなさい。

それを正確に報道したまえ。

そう自らの潔白を主張しているのです。

さすがに有名人の高須克弥さんが、リコール署名偽造などとは考えにくいですけどね。。

高須克弥さんは「犯人は堂々を顔を見せなさい」とも発言していますので、怒りを感じますよね。

犯人に対する情報が入り次第、追記していきます!

 

なぜリコール署名偽造は佐賀県で行われた理由

名古屋から離れた佐賀県でしたら、足がつかないと判断したのでしょう。

リコール署名偽造は、2020年の10日に行われています。

貸会議室に集められたアルバイトが、別の名簿から署名簿に氏名などを書き写す作業をしたとのこと。

名古屋市内から来たというスタッフの指示の元、署名簿に書き写す人数や日付などを細かくチャックしたそうですね。

そうなると、やはり犯人は名古屋に関係のある人物で間違いないでしょう。

リコール偽装署名は多数の市町村の住民リストが使われたということなのです。

なんとも不可解な事件ですよね。

リコール署名偽造の犯人に対する声

犯人が誰なのかを気にしている声が多いですね。

 

まとめ

大村秀章さんのリコール署名偽造を指示した犯人は誰なのか、佐賀で行われた理由をまとめています。

始めた高須克弥さんが疑われていますが、さすがにと思います。

引き続き、犯人に対する情報を待ちましょう!

関連記事

-お役立ち情報

© 2021 あそびばでしゃべろう Powered by AFFINGER5