【撮り鉄侮辱】撮り鉄とは?迷惑行為やマナー違反まとめ

お役立ち情報

【撮り鉄侮辱】撮り鉄とは?迷惑行為やマナー違反まとめ

JR東海道本線・安満第3踏切で、マナーの悪い撮り鉄を戒めるような張り紙があったと話題になっています。

あえてひらがなで書かれた内要に対し、撮り鉄が侮辱されていると反論しているということ。。

果たして、話題の撮り鉄とは一体何なのか?

迷惑行為やマナー違反を調べてみましょう!

【撮り鉄侮辱】撮り鉄とは何なのか?

鉄道ファンの中でも、列車の写真撮影行為を趣味としている層のこと。

鉄道の思い出の写真を撮影しておこうと考えるファン。

主に鉄道車両を中心に、駅構内や線路沿いの風景などを撮影しています。

良い写真を撮るため、駅間の線路脇、人里離れた山奥・海辺などから線路が見通せる場所など、一般人が行かないような場所から撮影を行うこともあります。

きっと立ち入り禁止の場所にも入っているのでしょうね。

たまに線路沿いで撮影されている方もいますが、危ないですから。。

そのため貴重な写真にはなるのですが、迷惑行為へと繋がることがあるのです。

撮り鉄の迷惑行為やマナー違反

撮影を優先して、乗客や駅員を妨害してしまうことがあります。

  • 暴言を吐く
  • 幼児を取り上げる
  • カンパを無断で徴収
  • 漫画家に暴行
  • キセル通報に腹を立て暴行

最近では、撮り鉄に対し数々の迷惑行為やマナー違反が報道されているのです。

鉄道の写真を撮影するために、駅ホームに殺到する撮り鉄。

駅員や乗客に対し、「どけ!」「撮影の邪魔だ!」と罵声を浴びせたり、撮影の邪魔としたと車に対して暴言を吐くことあるそうなのです。。

このような迷惑行為やマナー違反から、撮り鉄の活動は批判されるばかりか、メディアでも話題になっています。

その結果、「鉄道ファンの中には、『迷惑行為かも?』と考える想像力がない人が多い」と言われてしまうのです。

一部のマナー違反の撮り鉄のせいで、印象が悪くなっているのが現状。

本当に鉄道が好きで写真を撮っている方からしてみれば、たまったものではないですよね。。

 

撮り鉄侮辱に対するSNSの反応

撮り鉄に対して、厳しい声が多いですね。

まとめ

【撮り鉄侮辱】撮り鉄とは、迷惑行為やマナー違反をまとめています。

撮り鉄に対しては、迷惑行為やマナーの悪さも目立ちます。

趣味は大事ですが、節度を守った行動を心がていただきたいですね!

関連記事

-お役立ち情報

© 2021 あそびばでしゃべろう Powered by AFFINGER5