ワラアイナブ(マハシー)とは?料理や味の評判まとめ|食べられるお店はどこ?

お役立ち情報

ワラアイナブ(マハシー)とは?料理や味の評判まとめ|食べられるお店はどこ?

「YOUは何しに日本へ?」内で正月に母国の料理を作ってもらうという企画。

レバノンのママに遭遇し自宅に付いて行くと、そこで出されたのがレバノンの正月料理「ワラアイナブ」だったのです。

ワラアイナブとは一体、どんな料理なのか?

味の評判や食べられるお店も調べてみましょう!

ワラアイナブとは?

コメやひき肉野菜などを葉っぱで包んで蒸した、アラブ料理なのです。

エジプトでは、市場にも並ぶそうですよ。

ワラアイナブと聞いてもピンっとこないので、日本ではあまり馴染みのない料理なのかもしれませんね。

葉っぱで包む理由は、食材を蒸すためや、風味を食材に閉じ込めるため。

日本の料理で言うと、ロールキャベツがイメージしやすいと思います。

ワラアイナブの正式な呼び名

ワラアイナブはマハシーとも呼ばれています。

ワラアイナブはある地方での呼び名で、基本的にはマハシーと呼ばれる料理なのでした。

実は「ワラアイナブ 」で調べてみても、情報が少なかったのです。。

理由は、マハシーの方がメジャーな呼び方だったからなのですね。

マハシーとは「詰められたもの」という意味があります。

  • キャベツで包んだもの
  • ズッキーニをくり抜いて食材を蒸したもの
  • じゃがいもに詰めたもの

様々なマハシーがあるようですね。

どれも包んだ料理には変わらないのですが、ブドウの葉っぱで包んだ料理をワラアイナブと呼んでいるそうです。

 

レバノンの料理とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mich | Food Blog(@mibix)がシェアした投稿

レバノン料理は、オリーブオイルやハーブ類、ヨーグルトを使った料理がメインですね。

ゴマやレモン、スパイス類も使われますが、スパイスは多様しません。

誰でも食べやすく、野菜を使ったヘルシー料理が多いのです。

そして、豆が美味しい料理になるのがレバノン料理の特徴。

日本人は豆が苦手な人も多いですからね。。

そんな日本人もレバノンに行けば豆が好きになることでしょう。

レバノン料理は「中東で最も洗練された料理」とも言われています。

レバノン人はレバノン料理に対してこう発言しています。

レバノン人

世界三大料理は、フランス料理、中華料理、の他はトルコ料理ではなく、レバノン料理だ!

レバノン料理に誇りを持っているのです。

レバノンの代表的な料理

ホブス【主食】

 

この投稿をInstagramで見る

 

tsukusichan(@tsukusichan)がシェアした投稿

薄焼きのパンですが、もちっとした食感。

中東では一般的な料理ですが、レバノンのホブスは特に美味しいと評判なのです。

 

ケバブ【肉料理】

ケバブは日本でも大人気の料理。

羊肉や鶏肉を串刺しにしたものですね。

チーズ、トマト、キャベツなどと合わせたケバブサンドもバリエーションが多くて楽しめます。

 

ファラフェル【豆料理】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Junko Sasai(@sasajunko331)がシェアした投稿

ファラフェルとは、ひよこ豆のコロッケ。

香菜などのハーブや香辛料が絶品とのこと。

レバノンを代表する料理で、ベジタリアンの人気料理として定着しています。

 

フムス【豆料理】

 

この投稿をInstagramで見る

 

@k.e.i.homeがシェアした投稿

フムスとは、ひよこ豆のタヒーニのペーストで、こちらも定番のレバノン料理ですね。

 

ババガヌーシュ【なす料理】

ババガヌーシュは焼いたナスをすりつぶし、オリーブオイルや香辛料を混ぜた料理。

パンなどにディップして食べる料理としても人気がありますね。

 

ワイン【ドリンク】

実は、レバノンはワイン造りの歴史は古いのです。

紀元前8世紀ごろには、旧約聖書の中で預言者によってレバノンワインが推賞されていたとか。

レバノンは世界最古のワインの生産地の1つ。

フランスの影響を受けたレバノンワインは1990年代以降、世界的に評価されるワインも登場し始めているのです。

レバノンワインを試してみる

 

ワラアイナブの評判まとめ

野菜で包んでいるので、ヘルシーですよね。

日本人の口にも合うようで、美味しいと評判なのです。

ワラアイナブ(マハシー)が食べられるお店

Arabic Cafe& Deli Abu Essam(アラビックカフェ&デリ アブイサーム)

 

この投稿をInstagramで見る

 

abuessam(@abuessam136)がシェアした投稿

アラビックカフェ&デリ アブイサームさんは、アラブの軽食を楽しめるお店です。

ワラアイナブの他にも、ケバブサンド、ファラフェルサンドなど食べることができます。

注文してから作ってくれるので、出来立てのアラブ料理を楽しめることができるのが特徴。

店名:Arabic Cafe& Deli Abu Essam

住所: 東京都新宿津久戸町1-14 サンハイツ飯田橋1F

電話番号:03-6228-1690

予算:1,000円〜1,999円

HP:https://abu-essam.com

 

 

まとめ

ワラアイナブ(マハシー)とはどんな料理なのか、味の評判や食べられるお店をまとめてみました。

アラブでは正月にも食べるようなメジャーな料理でした。

日本では馴染みがないですが、日本人にも合いそうな料理ですね。

ぜひ、一度は食べてみたいと思います!

-お役立ち情報
-

© 2021 あそびばでしゃべろう Powered by AFFINGER5