橋田寿賀子の自宅はどこ?入院していた熱海の病院が気になる!

女性タレント

橋田寿賀子の自宅はどこ?入院していた熱海の病院が気になる!

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などで活躍した、劇作家の橋田寿賀子さんが話題になっていますね。

熱海市内の自宅に住んでいたそうですが、自宅の場所はどこなのでしょう。

熱海市内の病院と合わせて調べてみましょう!

橋田寿賀子の自宅はどこなの?

自宅は静岡県の熱海市に別荘を構えていました。

橋田寿賀子さんは、1970年代に熱海の多賀という場所に家を建てています。

旦那の実家が静岡県の沼津だったため、近くに自宅を探していたそうですね。

その中で玄岳(くろたけ)からの眺めがよく、東京からも50分で行ける交通の便利だったため土地を衝動買い。

橋田寿賀子さんは、そのまま家を建てられたのです。

しかし、家を建ててすぐに移り住んだわけではなく、東京と熱海を行き来するような生活。

1981年にドラマ「おんな太閤記」の執筆中、東京の自宅周辺で工事が始まったとのこと。

橋田寿賀子さんはあまりのうるささに集中できず、資料を持って熱海の自宅に移動。

そのまま気に入ってしまし、熱海を自宅としたようなのです。

橋田寿賀子が入院していた病院

熱海所記念病院か熱海海の見える病院になってきます。

どちらの病院も医療法人伊豆七海会が運営し、東京駅から45分の立地になっています。

相良湾が一望でき、安心して療養に専念することができる病院なのです。

橋田寿賀子さんは2021年の3月中旬には自宅付近、熱海市内の病院へと移り治療を続けていました。

自宅付近の大きな病院となると、熱海所記念病院か熱海海の見える病院になってくるでしょうね。

 

橋田寿賀子に対する世間の声

悲しみの声が多いですね。

まとめ

橋田寿賀子さんの自宅はどこなのか、入院していた熱海の病院をまとめています。

まさかの報道に驚きでした。。

人生何があるかわかりませんので、悔いのないように過ごしたいですね。

関連記事

-女性タレント

© 2021 あそびばでしゃべろう Powered by AFFINGER5