伊藤将司(吉野山桜守)のwiki風プロフィール|仕事内容やきっかけが気になる!【情熱大陸】2021年4月4日放送

お役立ち情報

伊藤将司(吉野山桜守)のwiki風プロフィール|仕事内容やきっかけが気になる!【情熱大陸】2021年4月4日放送

2021年4月4日放送の「情熱大陸」は吉野山の桜守の伊藤将司さんが出演していましたね。

伊藤将司さんのプロフィールはどうなっているのか?

桜守の仕事内容やきっかけと合わせて調べてみましょう!

伊藤将司(吉野山桜守)のwiki風プロフィール

名前:伊藤将司(いとうしょうじ)

出身地:奈良県吉野郡

世界遺産でもあり、日本三大桜の名所の1つでもある奈良県の吉野山。

吉野山には3万本の桜の木があり、桜守の伊藤将司さんたちに守られています。

毎年、春になると自然に見ている桜ですが、実は桜守のおかげで美しい桜を見ることができていたのです。

桜守(さくらもり)の仕事内容とは?

桜の種拾い・種植え・苗木育成・植樹・土壌改善・草刈り・病気の手当てなどになってきます。

桜を子供に例えると、桜守は親の立場になってきますね。

桜守は、時には高さ50m、獣道すらないような斜面を上り草刈りをするような危険な作業を行うこともあると言います。

伊藤将司さんは、命懸けで桜を守ってくれていたのです。

桜の時期はおよそ1週間。

その1週間のために、伊藤将司さんは1年を捧げ続けているので凄いことですよね。

 

伊藤将司が桜守になったきっかけ

伊藤将司さんは「地元の吉野山で何か貢献したい!」との想いから桜守に応募。

何と未経験者からの応募で採用となったのです。

情熱や技術が認められ、現在はリーダーとして活躍している伊藤将司さん。

伊藤将司さんは桜守に対し、このようにコメントしています。

伊藤将司

手をかけれやればやるほど、桜はそれに応えていい花を咲かせてくれるんですよ。

桜の成長を楽しんでいるようですね。

伊藤将司(桜守)に対する世間の反応

桜守に感謝しているとの声が多いですね。

 

まとめ

情熱大陸に出演した、吉野山桜守の伊藤将司さんのwiki風プロフィール、桜守の仕事内容やきっかけについてまとめています。

当たり前に見ている桜も、当たり前ではなく伊藤将司さんのような桜守がいてこそだったのです。

これから桜の見方が変わってきますよね!

関連記事

-お役立ち情報
-

© 2021 あそびばでしゃべろう Powered by AFFINGER5