【泣くな研修医】中山祐次郎のwiki風プロフィール|小説家デビューはいつ?

男性タレント

【泣くな研修医】中山祐次郎のwiki風プロフィール|小説家デビューはいつ?

4月スタートの新ドラマ、土曜ナイトドラマ「泣くな研修医」白濱亜嵐さんが主演を務めることが発表されましたね。

研修医たちの青春群青劇ということで、白濱亜嵐さんの演技にも注目が集まります。

「泣くな研修医」は、現役外科医の中山祐次郎さんの小説が原作とのこと。

中山祐次郎さんのプロフィールはどうなっているのでしょうか?

小説家デビューはいつなのかと合わせて調べてみましょう!

【泣くな研修医】中山祐次郎のwiki風プロフィール

名前:中山祐次郎(なかやま ゆうじろ)

生年月日:1980

年齢:40歳

出身地:神奈川県横浜市

学歴:鹿児島大学医学部卒

資格:外科医専門医、無線アマチュア3級

好きな食べ物:カレー

好きな花:ランタナ

家族構成:嫁と2人暮らし

中山祐次郎さんは青春時代を横浜で過ごしています。

高校卒業後、2浪を経て鹿児島大学へ入学。

大学を卒業後は、都立駒込病院で研修後、同院の大腸外科医師として10年勤務しています。

2017年2月からは、福島県高野病院院長を務めています。

そして、現在は福島県郡山市の総合南東北外科医長として、手術の日々を送っているようですね。

忙しい中、休日は小説を書いていたとのこと。

中山祐次郎さんのモットーは、「いつ死んでも後悔するように生きる」。

常に外科医として死と向き合っている、中山祐次郎さんならではの言葉なのでしょう。

中山祐次郎の小説をデビューはいつ?

2019年2月7日に幻冬舎より「泣くな研修医」を出版しています。

35歳から小説を書き始めた中山祐次郎さん。

最初は認められなかったようですね。。

それでも諦めずに書き続け、ベストセラー作家になったのですから人生何があるのかわかりませんね。

「泣くな研修医」の主人公の雨野隆治は、大学を卒業したばかりの25歳の研修医。

新人医師の毎日は何もできずわからずで、上司や先輩に怒られる日々を過ごします。

しかし、患者さんは待ったなしに押し寄せてきますからね。

自分の無力さに打ちのめされながらも、命を守るために懸命に戦う雨野隆治の物語なのです。

ドラマ「泣くな研修医」では、白濱亜嵐さんがどのように雨野隆治を演じるのかに注目されます。

人気小説になり、2020年4月3日には続編となる「逃げるな新人外科医 泣くな研修医2」が出版されていますね。

小説「泣くな研修医」を読んでみる

 

中山祐次郎に対する世間の反応

ドラマ化が決定して一気に注目されまいしたね。

原作の小説も面白いようなので、ドラマにも期待が高まります!

まとめ

ドラマ「泣くな研修医」原作を書かれた中山祐次郎さんのwiki風プロフィール、小説家デビューはいつなのかをまとめています。

白濱亜嵐さんが主役と言うことで、注目されていますからね。

これから発表されてくるキャストやロケ地も気になるところ。

続報を楽しみにしていましょう!

小説「泣くな研修医」を読んでみる

関連記事

-男性タレント

© 2021 あそびばでしゃべろう Powered by AFFINGER5