タイタニック号の乗客の日本人は細野正文!乗ったきっかけや非難された理由

男性タレント

タイタニック号の乗客の日本人は細野正文!乗ったきっかけや非難された理由は?

2021年2月3日

2021年2月3日放送の「ワールド極限ミステリー」は、タイタニック沈没について。

タイタニック号に乗船していた唯一の日本人として、細野正文さんが話題になっていました。

タイタニックと言えば、日本では映画が大ヒットして知った方も多いと思いですよね。

しかし、映画では語られない真実があったのです。

乗客の細野正文さんのプロフィールはどうなっているのか?

乗ったきっかけや非難された理由と合わせて調べてみましょう!

【タイタニック号の乗客の日本人】細野正文のプロフィール

名前:細野正文(ほその まさふみ)

生年月日:1870年11月8日

年齢:68歳没

出身地:新潟県上越市

細野正文さんの次男は、細野日出男さん。

交通学者で、中央大学名誉教授や日本学術会議会員等も歴任していましたね。

ミュージシャンでYMOのメンバーでもある、細野晴臣さんは孫にあたります。

細野正文さんが帰還しなかったら、YMOも誕生しなかったかもしれませんからね。

細野正文さんは、東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業後、三菱合資会社に入社。

1897年には通信省に入省し、新橋駅の貨物係を勤めています。

1908年には鉄道員主事に任命され、41歳の時にタイタニック号に乗船しているのです。

タイタニック号に乗ったきっかけ

知人のいるイギリスからニューヨーク経由で帰国する予定だったのです。

細野正文さんは、鉄道員の第1回留学生としてロシアのサンクトペルブルクにいました。

2年ほどロシアに滞在し、帰国することになったのです。

タイタニック号に乗船したのは、帰国の途中。

ロシア→イギリス→ニューヨーク→日本

細野正文さんは、このようなルートで帰国を考えていたのです。

ロシアからそのまま日本に帰国していれば、タイタニック号に乗船することはなかったわけですから、何があるかはわかりませんね。

 

細野正文が非難された理由は?

他人を押しのけて救命ボートに乗った嫌な日本人と証言されたのです。

婦人や子供達を優先的に非難させるルールがある中で、生還してしまったのですからね。

この噂が日本中に広がってしまい、細野正文さんは新聞や教科書などからの批判にあってしまったのです。

噂が出回ったのは、同じくタイタニック号からの生還者の一人でもある、イギリス人のローレンス・ビーズリーさん。

1912年に出版した、「THE LOSS OF THE SS.TITANIC」の中で証言されたのです。

しかし、1997年には細野正文さんとビーズリーさんは、別の救命ボートに乗っていて人違いだったことが確認されています。

  • 細野正文さんのボートには、アルメニア人の男性女性のみが乗っていた。
  • ビーズリーさんのボートには、中国人が乗っていた。

ビーズリーさんは、その中国人を細野正文さんと勘違いしていたのでした。

細野正文さんからしたら、たまったもんではないです。

当時から、噂やガセネタはあったのですね。。

80年経って無事に名誉回復ができた、細野正文さんだったのです。

細野正文に対する世間の反応

今更、細野正文さんを批判する声がないですが、当時は凄かったようですね。

思い込みというのは怖いなと思いますよ。

 

まとめ

【ワールド極限ミステリー】で話題になった、タイタニック号に乗客していた日本人の細野正文さんのプロフィール。

乗ったきっかけや非難された理由をまとめています。

日本では映画が大人気でしたが、タイタニック号の物語には色々な想いや噂があったのですね。

細野正文さんは無事に帰還され、名誉回復ができたことは本当に良かったと思います!

関連記事

-男性タレント
-

© 2021 あそびばでしゃべろう Powered by AFFINGER5