中山亮太郎(マクアケ社長)のwiki風プロフィール|経歴や年収まとめ【カンブリア宮殿】2021年1月28日放送

男性タレント

中山亮太郎(マクアケ社長)のwiki風プロフィール|経歴や年収まとめ【カンブリア宮殿】2021年1月28日放送

2021年1月28日放送の「カンブリア宮殿」に出演した中山亮太郎さん。

急成長しているマクアケ株式会社のイケメン経営者として話題ですよね。

そんな中山亮太郎さんのプロフィールはどうなっているのか?

気になる経歴や年収と合わせて調べてみましょう!

中山亮太郎のwiki風プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryotaro Nakayama(@nakayaman)がシェアした投稿

名前:中山亮太郎(なかやま りょうたろう)

生年月日:1982年4月11日

年齢:38歳

出身地:埼玉県

血液型:B型

学歴:慶應義塾大学法学部

在学中に「将来は弁護士になりたい」と思った中山亮太郎さん。

しかし、具体的にどんな仕事をするのかよくわかっていなかったそうなので、知り合いの弁護士事務所でバイトを始めたとのこと。

働くうちに、弁護士に対してこのように思ったそうなのです。

中山亮太郎

自分は弁護士に向いていないのかも。。

自分が描いていた弁護士のイメージとは違ったのでしょうね。

弁護士事務所には、会社経営者達が多く訪ねて来ていて、そのうち中山亮太郎さんは経営者の方に興味を持つようになったのです。

中山亮太郎さんの父親も経営者だったこともあり、身近で経営を触れてきていました。

次第に自分でも会社を作ってみたいと思うようになってきたのです。

中山亮太郎さんは2017年に、「日本最大級Makuakeが仕掛ける!クラウドファンディング革命 面白いアイデアに1億円集まる時代」を出版しています。

マクアケの成功に興味がある方は、チェックしておきましょうね!

「面白いアイデアに1億円集まる時代」を読んでみる

中山亮太郎の経歴

2006年にサイバーエージェントに入社しています。

入社当初は、社長の運転手や企業投資の見習い、新規メディアの立ち上げに携わっていました。

2010年には、「世界的にも通用する会社を作る」そう目標を掲げていた中山亮太郎さんは、投資子会社の誘いでベトナムへ。

ベンチャーキャピタル事業を担当し、ベトナムで働くうちに「日本から何か発信できないか?」と考えるようになったのです。

2013年にクラウドファンディングの新規子会社の社長にならないかと誘いを受け、現在のマクアケを設立したのです。

現在はマクアケだけではなく、全国10ヶ所以上にあるオフラインショップ「Makuake Shop」「Makuake Incubation Studio」なども運営されています。

まだまだ事業を展開していきそうですね。

これだけ手広くなってくると、気になるのは年収ですよね?

 

気になる年収は?

年収は4,800万円と言われています。

一般的な年収で考えれば大きいですが、中山亮太郎さんの年収で考えたらちょっと少ないのかなとも思いましたよね。

中山亮太郎さんの年収だったら、億は超えてくるのかなと予想していました。

2020年9月期マクアケの有価証券報告書を確認してみると、取締役の役員報酬は4,800万円とのこと。

中山亮太郎さんは他にも資産や収入源があると思いますので、もう少し多くはなってくると思われます。

マクアケの売上高も32億2,500万と流通総額が2.6倍も伸びていて、会社全体が右肩上がりなのがわかります。

中山亮太郎さんの年収が億を超える日は近いでしょう。

まとめ

【カンブリア宮殿】に出演したマクアケ社長の中山亮太郎さんのwiki風プロフィール、経歴や年収をまとめてみました。

創業から6年半で上場していますので順調に会社を成長させているようにも思えますよね。

しかし、それまでには何度も資金ショートの危機を乗り越えているのでした。

これからの中山亮太郎さんの活躍に期待しましょうね!

「面白いアイデアに1億円集まる時代」を読んでみる

関連記事

-男性タレント
-

© 2021 あそびばでしゃべろう Powered by AFFINGER5