岐阜県にある「秘境食堂」とは?場所やメニュー値段まとめ

お役立ち情報

岐阜県にある「秘境食堂」とは?場所やメニュー値段&口コミ評判まとめ!【ナゼそこ】1月14日放送「ナゼそこ」

2021年1月14日放送の「ナゼそこ?」に登場した、「秘境食堂」が話題になっていますね。

岐阜県で廃校となった小学校をリフォームして始まったとか。

そんな話題の秘境食堂とは、一体何なのか?

秘境食堂の場所や値段メニューと合わせて調べてみましょう!

岐阜県の秘境食堂とは?

廃校になってしまった岐阜県の北山小学校のランチルームを利用した、「舟伏の里へ おんせぇよぉ〜」というレストランなのです。

おんせぇよぉ〜は、「いらっしゃい」の意味で、手作り感たっぷりのお出迎えなのです。

学校の建物の懐かしさがあるので、馴染みのある店内。

初めて訪れた感じがしないですよね。

当時の子供達のお弁当は、お米と梅干しまたは切り潰しのみ。

冬は、だるまストーブで温めて食べていたと言います。

粉乳を溶かしたものを配っていたり、それぞれが持ち寄った野菜でお味噌汁を作っていたとのこと。

そんな子供達が母親になり、農家レストランとして、美味しい料理を食べさせてくれるのです。

 

秘境食堂の場所はどこ?

店名:舟伏の里へ おんせぇよぉ〜

住所:岐阜県山県市神崎100

電話番号:080-2648-8175

予算:900円〜

営業時間:11:00〜15:00

定休日:月〜木、お盆、年末年始、冬季(12月〜2末)

アクセス:JR岐阜駅から車で1時間〜

HP:https://gifu-yamagata.wixsite.com/onseiyo

「舟伏の里へ おんせぇよぉ〜」は、2013年10月にオープン。

地域の方が中心になって、手作りの田舎料理とゆったりな空間を提供してくれます。

小学校なので、図書館、教室、体育館などがそのまま残っている場所もあるそうですね。

 

気になるメニュー値段

・舟状の里 ランチ

【本日の主菜】+田舎料理(5品)+お漬物 900円

・舟状の里 特製ランチ

【本日の主菜】+田舎料理(5品)+お漬物 +天ぷら+デザート+1ドリンク 1,300円

・蕎麦 ランチ(十割)

【蕎麦】+田舎料理(3品)+お漬物 900円

・蕎麦 特製ランチ

【蕎麦】+田舎料理(3品)+お漬物 +天ぷら+デザート+1ドリンク 1,300円

みそ煮 ランチ

【みそ煮】+田舎料理(2品)+野菜盛り +お漬物 900円

・みそ煮 特製ランチ

【みそ煮】+田舎料理(2品)+野菜盛り +お漬物 +天ぷら+デザート+1ドリンク 1,300円

きっと「舟伏の里へ おんせぇよぉ〜」でも郷土料理の「よきのこ」が食べられるはずです。

楽しみにしていましょう。

節や時期によってメニューの変更があります。

秘境食堂の評判

料理が本当に美味しそうです。

家族や友達と出かけても懐かしい気持ちになれて、楽しめそうですね。

 

まとめ

岐阜県の秘境食堂とは何なのか、場所やメニュー値段をまとめています。

栄養満点のきのこをふんだんに使った郷土料理も楽しめそうです。

噂の「よきのこ」も食べることができるかもしれませんね。

廃校をレストランに変える活動は全国的にも増えてきているようなので、これからも楽しみです!

-お役立ち情報
-

© 2021 あそびばでしゃべろう Powered by AFFINGER5