菊池桃子と離婚した西川哲とは??離婚理由や原因は子供の障害!?

80年代のトップアイドル

 

菊池桃子さんが離婚!?旦那西川哲さんとはどんな方なのか??

離婚理由原因が衝撃です。。

 

子供障害の噂は!?

 

スポンサードリンク

 

離婚した旦那とは??

プロゴルファー西川哲さんです。

 

実は西川哲さんの母親は、あの大女優、月みどりさんなのです。

 

驚きですよねw

 

西川哲さんは12歳からゴルフを始めています。

2人の出会いは1993年の男子ゴルフトーナメントのプロアマ戦で同じ組でまわったことがきっかけなのです。

 

交際は順調でしたが

 

西川哲さんお父親、芸能プロダクションの会長でもある、西川幸男さんに

 

「結婚するのに、食べていけませんでは無責任すぎる。もっとしっかりした成績を残してからでも結婚は遅くない!」

と、結婚するにあたり、結果を求められたのです。

 

中々結果を残せなかった西川哲さんですが、ついに1995年に2年ぶりの優勝を果たし結婚を許されたのです。

 

「桃子にウェディングドレスを着せてやりたかった・・・優勝の瞬間、妻のことが頭に浮かびました。。」

と、涙とともに菊池桃子さんに対しての思いは多くの人に感動を与えましたね。

 

西川哲さんはピーク時はツアーで3勝し、2000万円の賞金を稼いでいたのです。

 

これで生活も安定か!?

 

と、思いきや、西川哲さんのゴルフの成績は年々低下してしまったのです。。

2005年には予選すら突破できず、2007年には賞金は90万の賞金を獲得した以外の6年間の賞金は0円のだったのです。。

 

生活費は?

当然、嫁の菊池桃子さんが負担しなくてはなりませんよねw

 

そんな菊池桃子さんと西川哲さんですが、結婚後は2人の子供に恵まれ、幸せな家庭を築いているのかと思いきや、2012年に離婚をしてしまうのです。。

 

なぜ、離婚してしまったのか??

 

 

離婚理由や原因は??

西川哲さんの浮気金銭問題なのです。。

 

ゴルフの成績がパッとせず、賞金が激減していく中、育児で芸能活動を控えていた菊池桃子さんが芸能界に復帰し、生計を立てていたのです。

 

つまり、ヒモ状態!?

 

そんな中、西川哲さんは別宅のマンションに女性を連れてきたり、飲みにいってホステスと遊びまくっていたそうです。

 

ゴルフが上手くいっていないストレスを浮気で発散していたのでしょうが、菊池桃子さんに生活をお世話になっているのですから(怒)

 

せめて、育児を手伝ったりすればいいのに。。

 

更に西川哲さんが経営していた投資会社の経営もうまくいかず、莫大な借金も背負っていたようです。

 

生活費は菊池桃子さんが支え、借金の返済は親の援助もあり、工面していたのです。。

 

そりゃ、結婚生活もうまくはいかないですよね。

菊池桃子さんは離婚して正解です。

 

更には、離婚しても西川哲さんからは慰謝料教育費ももらっていないとのことw

 

菊池桃子さんは援助を受けず、自分の力だけで子供や母親の面倒をみながら生活しているのです。

 

ご立派です。。

 

スポンサードリンク

 

子供の障害の噂は??

長女は左半身に障害が残っています。。

 

第2子となる長女のさゆりさんを出産。

乳児期に脳梗塞を患ってしまい、その後遺症が残っているのです。

 

娘の障害に関して、テレビで告白したのですが、告白理由は

 

「娘は一生懸命に生きているのに障害を隠すことは娘に失礼」

と、考えたからだと、菊池桃子さんはコメントしています。

 

娘さんは幼稚園に通う頃には歩けていたのですが、小学校に通う頃になって、他の子供達との差を感じ始めたのです。

 

当時、菊池桃子さんも相当悩んだようです。
(せめて、旦那の支えがあったらwww)

 

そんな娘さんも私立中学に入学し、立派に育ったいるのです。

 

菊池桃子さんご自身も40歳になってから法政大学大学院に入学されていますね。

 

大学院に入った理由も

 

「障害を持つ子供に『就学相談』を受け入れる機関が少ない、自分での勉強が必要だ」

とのこと。

 

年齢に関係なく、前向きで素晴らしいですよね。

 

 

まとめ

「結婚には懲りた」

と、思うのも納得できますよね。。

 

それでも前向きに婚活も考えている菊池桃子さんは素敵です。

 

そのうち再婚の報道もあるかも!?

 

そういえば、ダメ男と離婚できない女優もいましたね・・・。。

南野陽子の離婚は成立したのか!?旦那の金田充史は最低なダメ男??


スポンサードリンク

-スポーツ, 芸能
-, , , , , , , , , , ,