アントニオ猪木の名言集!?「道」に込められた本当の意味とは??

2017/08/02

スロットゾーン振り分けも話題!?

 

アントニオ猪木さんの名言集を紹介!!

 

名言「道」は知っていますか??

本当の意味が凄い!?

 

スポンサードリンク

 

名言集

・道はどんなに険しくてとも、笑いながら歩こうぜ!

 

・元気があれば何でもできる!

 

・限界などない。あるのは限界を口にしている自分だけだ。ありえもしない限界にこだわるな。私に言わせれば「限界」なんて言葉はこの世にはない。「限界」というから限界ができるのだ。

 

・馬鹿になれ、とことん馬鹿になれ 恥をかけ とことん恥をかけかいてかいて恥かいて 裸になったら見えてくる 本当の自分が見えてくる 本当の自分も笑ってた それくらい 馬鹿になれ。

 

・落ちたら、また這い上がってくればいいだけのことだ。

 

・一生懸命やっている人を小馬鹿にするのは、自分が叶わないから笑うことで逃げているのだ。

 

・どうってことはない。負けたと思ってないんだから。

 

・自らに満足している人間は、それで終わりだ。

 

・・・

 

アントニオ猪木さん、ありがとうございます。。
超ポジティブな、成功哲学が含まれていると思います。

 

筆者も、自己啓発本を読んでいた頃がありますが、言っていることはそのままですね。

 

 

「道」とは?

「この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一歩が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ。」

 

(新しいことを始めようとした時、失敗や挫折を考えて踏み出さなければ何も始まらない。とにかく1歩を踏み出してみよう。その1歩が道になっていくから。迷ってもしょうがない、とにかくやってみよう。)

 

「道」は、アントニオ猪木さんの、生き様を表したような言葉ですね。

 

新日本プロレスの設立、日本の異種格闘技興行、参議院への出馬・・・アントニオ猪木さんの人生は、チャレンジの連続なのです。

 

もしかしたら、我々はアントニオ猪木さんの結果だけを見ているのかもしれません。

 

しかし、その裏には周りからの反対不安・・・様々な思いや、葛藤があったと思います。

 

それでも、1歩を踏み出したので、アントニオ猪木さんは大きな成功を掴んだのです。

 

もし、アントニオ猪木さんが

 

「上手くいかなかったらどうしよう」

 

「できないかもしれない」

 

チャレンジをしていなかったらどうなっていたのでしょう?

今のプロレス界はなかったのかもしれませんね。。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

アントニオ猪木さんをモノマネのネタにしてすいません。。

でも、誰もがマネしたことあるでしょうw?

 

子供の頃は

 

「アントニオ猪木って、元気なオジさん」

だなぐらいに思っていましたが、自分が大人になって改めて聞いてみると、確信をついた言葉だなと思います。

 

実は、めちゃくちゃ成功哲学が含まれているのです。

 

やはり、結果を出してきたアントニオ猪木さんが言っているからこそ、説得力がありますよね。

 

自分はアントニオ猪木さんにはなれません。

しかし、幾つになってもチャレンジを忘れてはいけないなと思わせてくれます。

 

自分も迷う時がまだまだあるでしょう。

あなたにもきっとあります。

 

その時はアントニオ猪木さんの言葉を思い出して、道を歩きましょう。

 

プロレス界も今では、こんなに若い選手が注目されていますからね!

山添愛海(プロレス)とは何者?中学生でプロレスラー!?デビュー戦の相手はジャガー横田??

 

スポンサードリンク

-スポーツ
-, , , , , ,